teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


第47回定期演奏会のご案内

 投稿者:熊本大学フィルハーモニーオーケメール  投稿日:2010年11月18日(木)16時12分39秒
  熊本大学フィルハーモニーオーケストラと申します。
突然の書き込み失礼します。
私たち熊大フィルの定期演奏会のご案内をさせて頂きます。


熊本大学フィルハーモニーオーケストラ 第47回定期演奏会


2010年12月18日(土)13:30開場 14:00開演
熊本県立劇場コンサートホール


指揮:佐藤宏充



チャイコフスキー スラヴ行進曲
ビゼー     「アルルの女」第2組曲
ラフマニノフ   交響曲第2番


チケット取扱:
熊本県立劇場・大谷楽器・鶴屋東館プレイガイド・西野楽器・熊本交通センター・熊大生協プレイがイド

入場料:前売り600円(当日700円)未就学児は無料


お問い合わせ:kupo_kumadai_phil@yahoo.co.jp
ホームページ:http://www.geocities.co.jp/CollegeLife/1685/

お忙しい折かとは存じますが、皆様、ご家族、ご友人お誘いあわせの上、ご来場頂ければと思います。団員一同、心よりお待ちしております。



管理人様
突然の書き込み失礼致します。
よろしくお願い致します。
http://http://www.geocities.co.jp/CollegeLife/1685/

http://http://www.geocities.co.jp/CollegeLife/1685/

 
 

コーラス

 投稿者:上村@テナー  投稿日:2010年 3月 5日(金)00時50分30秒
  こんにちは。
佐賀県の合唱団MODOKIの上村と申します。

この度は3月20日~22日に
佐賀市文化会館で行なわれます「コーラスガーデンinSAGA」のお知らせで貴団の掲示板にお邪魔しました。
九州、全国から素晴らしい合唱団と指揮者の先生が集り、
講習会あり、演奏会ありの3日間のイベントを開催します。
20日の佐賀女子高演奏会を皮切りに、
21日の講習会では現在の合唱界を牽引している先生方のバラエティーに富んだ講座が行われ、
22日には九州ではなかなか聞く機会が少ない素晴らしい団体の単独演奏や
それらの合唱団が集っての合同演奏など一挙10団体による演奏会がおこなわれます。
詳しくは専用HP http://chorusgarden.jimdo.com/
にてご紹介しておりますので一度ご覧頂ければ幸いです。

「コーラスガーデン in SAGA」
場所:佐賀市文化会館
3月20日 18:00 開演
  佐賀女子高等学校合唱部第6回スプリングコンサート

3月21日
 13:00より合唱講習会
  ①-1雨森文也先生 男声合唱「柳川風俗詩」を歌おう!
  ①-2伊東恵司先生 女声合唱 信長貴富氏の作品を歌おう
  ①-3山本啓之先生 指導者のための指揮&指導法(少人数クラス)
 15:00より合唱講習会
  ②-1上西一郎先生 混声合唱 外国作品を歌おう
  ②-2松前良昌先生 混声合唱 邦人作品を歌おう
  ②-3浅野深雪先生 指導者のための発声講座(少人数クラス受付終了)
 ※上記講座より各時間帯1講座、合計2講座受講できます。

3月22日コーラスガーデン演奏会
 10~12:00
  女声合唱団ソレイユ(佐賀),スプリッツァー(福岡),合唱団 Le Grazie(熊本)
  混声合唱団グリーンエコー(鹿児島),MODOKI(佐賀)
 13~15:45
  大分市民合唱団ウイステリアコール(大分),合唱団葡萄の樹(京都)
  混声合唱団クールシェンヌ(奈良),合唱団ある(広島),MUSICA FERVIDA(東京)
 16~17:00 合同合唱「歌い継がれるもの」
  『4声のミサ』より「Agnus Dei」(バード) 指揮 飯倉貞子
  Cantique de Jean Racine (フォーレ) 指揮 福原泰弘
  Christus factus est (ブルックナー) 指揮 上西一郎
  Ave Maria (ホルスト) 指揮 山本啓之
  『日本の民謡3』より「津軽じょんがら節」(松下耕) 指揮 伊東恵司
  Agnus  Dei(バーバー) 指揮 雨森文也

詳しくは下記のHP等をご覧下さい
【主催・お問い合わせ】
 コーラスガーデン事務局
  TEL:080-4318-1991
  メール:modoki_2010_c_garden@yahoo.co.jp

皆様のご来場を心よりお待ちしております。
なおこの書き込みが不適切な場合は削除下さいますようお願い致します。
 

Belcanto

 投稿者:クラリネットマスターコース20メール  投稿日:2008年 3月11日(火)22時59分36秒
  EURYDICE国際音楽マスターコース2008
      於イタリアのレヴィコ・テルメ LEVICO TERME (トレントTRENTO) 2008年7月21日-8月1日
      年齢や学歴の制限なし。ただし参加者が14歳未満の場合保護者の引率が必要
      マスターコータ終了後、参加者全員にディプロマ修了証書が授与されます。
      終了コンサートが予定されていますので、それに対応できる服装を持参の事。
OPTIONS:

A)  LESSONS ONLY  レッスンのみ
279, - Euros     winds, strings, guitar and accordion
363, - Euros     voice and piano students


B)  ALL TUITION + BOARD AND LODGING  レツスン+宿泊

796, - Euros      winds, strings, guitar and accordion
880, - Euros      voice and piano students

“Eurydice” proposes an arrangement at the hotel Albergo Acler and Concordia***  in Levico Terme in rooms with
2 / 3 / 4 beds with bathrooms, booked by Eurydice. ホテルはツイン、トリプル、またはベッド4つ、トイレ付。
(not  including drinks, coffee and telephone).

Others arrangements (hotels, campings, flats) ask for information: 0049-4056009012

PAYMENT:支払

THE REGISTRATION FEE (will only be refund in case of a cancellation of the participant)前払金(申込み時に料金の一部を前払いし、残金は現地にての支払いとなります。)

A)  LESSONS ONLY レッスンのみ申込みの場合
150, -  Euros
winds, strings, voice, guitar, accordion and piano.

B)  LESSONS + HOTEL宿泊込みの場合
300, -  Euros
winds, strings, voice, guitar, accordion and piano

Must be paid by international postal order to:振込先(フランス)
La Banque Postale-Centre de la Source(フランスの郵便局) : Ensemble Eurydice(口座名義)
口座番号IBAN:         FR 80 20041 01012

      BIC:            PSSTFRPPSCE

Conto Nr. 39 329 57 U 033 / 03 口座番号


THE FULL SETTLEMENT                                                    must be paid on the first day of classes. (21 of July)

申込書は下記住所まで郵送にて2008年5月20日必着。(申込金の支払書のコピーを添えて)
 Ensemble Eurydice -18,chausse de Maubuisson-95310 St.Ouen l`Aumone{FRANCIA}
THE REGISTRATION FORM                                          must be in the post by the 20th of Mai 2008 with  proof of payment of the registration fee enclosed and sent to:
Ensemble Eurydice 18, chaussée de Maubuisson - 95310 St. Ouen l’Aumone (France)

Registrations by e-mail : eurydicefr2000@yahoo.it

The organizers of the courses decline all liability in case of accidents, illness or any other inconvenience of whatever nature that may be incurred by the participants during their stay in Levico Terme.
Students are advised to take out private insurance to cover these risks (E111).

All those wishing to take part must bring their own instruments and music stands, and a dark suit or dress and dark shoes for concerts. (the chamber music class and orchestra are included in the overall price) .

Languages spoken : Italian, French, English, German and Spanish.

DOCENTI – PROFESSEURS –TEACHERS - DOZENTEN  講師
DANIELA PISANO (Paris - Hamburg) flauto - flute - Flöte
STEPHANE MINGASSON{Paris}oboe-hautbois-oboe
ROBIN MAY (San Francisco) musica da camera - chamber music - Kammermusik
PRIMO BORALI{Milano}clarinetto-clarinette-clarinet
ROMUALDO BARONE (Japan) clarinetto - clarinette - clarinet
WALTER GEROMET (Trieste - Madrid) sassofono - sax
LEONARDO DOSSO (Milano) fagotto - bassoon - Fagott
GIANCARLO SACCHI (Milano) ottoni - cuivres - brass - Blechblasinstrumente e orchestra
CRISTINA PEDERIVA (Milano) violino - violon - violin
GIANANTONIO ROSSI (Milano) violoncello - cello - Cello
GIGLIOLA BONORA (Ferrara) canto - chant- voice - Gesang
CAROL VEIT (Paris) canto - chant- voice - Gesang
DENISE WOLCARIUS{Paris}harpsichord-baroque flute
AURELIEN GRIMA{Paris}chamber music with harp
LUIGI RUBINO (Foggia) pianoforte – piano - Klavier
HELENE BOSCHERON (Paris) pianoforte – piano - Klavier
DANIELA SOPITCO (Arad) pianoforte – piano - Klavier

SCHEDA DI  ISCRIZIONE / INSCRIPTION / APPLICATION / EINSCHREIBUNG 申込書
Nome e cognome/Nom et prénom/first and last name/
Vor- und Nachname: __________________________________
Indirizzo/adresse/address/Adresse: ___________________________________________________
___________________________________________________

Telefono/téléphone/telephone/Telefon: ­­­­­­­­­­­­­­­­___________________
Fax/téléfax/fax/Fax: ___________________________________
Cellulare/portable/cellphone/Handy :______________________
E-mail :______________________________________________
Luogo e data di nascita/lieu et date de naissance/place and date of birth/Geburtsort und –datum: _________________________
____________________________________________________
Nazionalità/Nationalitée/Nationality/Staatsbürgerschaft:
____________________________________________________
Strumento o voce e anni di studio/instrument ou voix et niveau d’études/ instrument or voice and level/Instrument oder Gesang und Stufe:_____________________________
Formula A o B/Cours A ou B/Courses A or B/Tarif A oder B :___
Tassa di iscrizione : (allegare ricevuta versamento)
Montant inscription : (à joindre reçu) /registration fee/ Einschreibegebühr (Beleg beifügen)
Euro 150 ( A solo corso – lessons only )
Euro 300 ( B corso + hotel – lessons + hotel )

Data/date/Datum:
___________________

Firma/signature/Unterschrift:
____________________________________________________

Firma dei genitori se minorenne (dichiarazione dei genitori)
Signature de parents pour les mineurs (accord des parents)
Unterschrift der Eltern für Teilnehmer unter 18 Jahren
Parents’ signature for minors.

http://utenti.lycos.it/romualdobarone/

 

第1回国際バッハ・ヘンデル・ワークショップについて

 投稿者:ジョイントコンサート国際委員会メール  投稿日:2008年 2月26日(火)16時02分30秒
  突然の書き込みにて失礼いたします。


☆“ライプチヒ・バッハフェスト”で世界合唱団の一員として歌う☆
<第1回国際バッハ&ヘンデル・ワークショップ開催のご案内>

世界的に有名な“ヘンデル・フェスティバル”と“バッハ・フェスト”がヘンデル生誕の地ハレおよびバッハ縁の地ライプチヒで今年も6月に開催されますが、そのバッハ・フェスト行事会場の1つニコライ教会でオルガニストをしているユルゲン・ヴォルフ氏が第1回国際バッハ・ヘンデル・ワークショップをライプチヒ・バッハ協会の協力を得てバッハ・フェスト行事として6月13、14日にライプチヒでも最も古い教会の1つにニコライ教会に世界各地からアマチュア合唱員を集め開催します。概要は下記の通りです。

オーケストラ: メンデルスゾーン・カンマーオーケストラ
指揮:  ユルゲン・ヴォルフ
合唱練習:6月13日(金)19:00 ニコライ教会近くの練習会場にて
本番: 6月14日(土)18:30 ニコライ教会
(バッハ・フェストプログラムNo.14)
曲  目:
J. S. バッハ
●バッハ「ロ短調ミサ曲」より
サンクトゥス Sanctus (aus Messe h-moll BWV 232)
ドナ・ノービス・パーチェム Dona nobis pacem (aus Messe h- moll BWV 232)
●カンタータ第147番より
コラール Choral „ Jesus bleibet meine Freude“(aus BWV 147)
●カンタータ第76番より
合唱曲 Chor„Die Himmel erzählen die Ehre Gottes“(aus BWV 76)
●マニフィカートより „Sicut locutus est“ (aus d. Magnificat BWV 243)
G. F. ヘンデル
●デッティンガー・テ・デウムより
第1番 „We praise Thee, oh God“ (Nr.1 aus Dettinger TeDeum)
同第2番   „All the earth“(Nr.2 aus Dettinger TeDeum)
●「メサイア」より „Halleluja“ (aus d. Messiah)

日本からも参加しませんかと、この度ヴォルフ氏から参加要請が届きましたので特別に参加ツアーを企画いたしました。渡航期間:6月11日~17日 7日間

個人でも団体でも参加できます。ワークショップに加え、両フェスティバルのコンサートも時間が許す限りお楽しみいただけます。コンサート・チケットはものにより必ず入手できるとお約束はできませんが、お手伝いさせていただきます。

ユルゲン・ヴォルフ氏はオルガニストだけでなく作曲、オーケストラ指揮、オルガンやチェンバロについての世界的権威であり、ラジオ、テレビ、CDで活躍しております。
ニコライ教会は昔からライプチヒで最も有名な教会の1つで創建はライプチヒの町がつくられた1165年頃。バッハのSt.John Passionは1724年にここで初演されています。またニコライ教会はバッハが聖歌隊先唱者を務めた5つの教会の1つでもあります。
ヘンデル・フェスティバは1922年から開催されています。10日間で40ほどのプログラムがあります。一方、バッハ・フェストは1904年に始まり、1999年からは毎年実施されています。
100にもおよぶプログラムで5万人のバッハファンを世界中から集めています。ゲヴァントハウスとトーマス教会でも行事が繰り広げられます。

ご興味をお持ちの場合は、資料をお送りいたしますので、郵送先アドレスをお知らせください。
なお、ライプチヒ・バッハ協会へ参加名簿提出の期限があるため、参加申し込み締め切りは3月21日(金)になります。それではよろしくお願いいたします。

ジョイントコンサート国際委員会 事務局
事務局長 垣沼佳則
jointcon@vesta.ocn.ne.jp
 

演奏会のご案内

 投稿者:安本ゆかメール  投稿日:2008年 2月15日(金)19時38分38秒
  はじめまして。
突然の書き込み失礼致します。
私は、東京芸術大学 音楽学部大学院声楽科 修士課程2年在籍中の安本ゆかと申します。平成12年に九州女学院高校(現ルーテル学院)を卒業いたしました。
私事ですが、3月にチャリティーコンサートを行う運びとなりました。
全国3箇所、札幌(3/11火:エリエールスクエア札幌渡辺淳一文学館)、故郷熊本、そして広島(3/17月:聖ラファエル教会礼拝堂)の順で公演を行います。
以下が詳細となります。
*******************************
「レナムレ チャリティコンサート 熊本公演」
日時: 2008年3月13日(木) 18時開場 18時半開演
場所:ルーテル学院高等学校内講堂
入場料: \999 【※本公演の収益は、世界の子供たちが健やかに成長できるようunicefに寄付されます。】
出演者:長峰由紀子(S)・安本ゆか(MS)・門間信樹(Br)・藤井美希(Pf) 【東京藝術大学の大学院生4名による編成です。】
歌曲、アリア、重唱、ピアノソロ、有名なナンバーをお届け致します。クラシックを知らない人、専門にしている人、誰もが楽しめるプログラムになっておりますので、ぜひお誘い合わせのうえお立ち寄り下さい。
ご連絡お待ちしております。
後援:札幌市 札幌市教育委員会 熊本日日新聞 広島市 広島市教育委員会
協力:エリエールスクエア札幌渡辺淳一文学館 ルーテル学院高等学校 聖ラファエル教会
寄付受け入れ:ユニセフ
主催:レナムレ・ミュージック
問い合わせ:lenamoureemusic@gmail.com
担当:安本ゆか

皆様のより一層のご活躍をお祈り申し上げます。
 

>初めまして

 投稿者:野村  投稿日:2008年 2月 2日(土)00時58分2秒
  山本猛さん、初めまして。
今期部長をしております、野村と申します。

35年も前のことだったのですね。
私もたまに、定期演奏会で来られたOBやOGの方々から、
昔のフライエ・ゲミの話を楽しく聞かせてもらうことがあります。
合宿でのできごとや、白川公園での屋台でのハモリなど、頭に浮かんでくるようでした。
青春を謳歌されていたものと思います。

せっかくの大学生活なので、私もいろいろやってみたい、と思うようになりました。
11月の演奏会には是非、皆さんお誘い合わせの上、熊本に遊びに来てくださいね。

ありがとうございます(^^
 

思い起こせば35年前の謳歌した良き時代

 投稿者:山本 猛メール  投稿日:2008年 1月26日(土)05時36分50秒
  始めまして。私は、昭和45年にフライエクンスト及びフライエのメンバーから成るマージャン倶楽部入学しました、山本猛と申します。3年次の副部長時代は、第27回定期演奏会で、熊本市民会館を会場にブルックナーのテデウムを合唱しました。
さて、現在私は、ゲミ出身者を伴侶として、千葉市に住んでいます。ここ関東地区には、私がゲミに所属した時代の皆さんが、20名ほどいらっしゃいます。
毎年11月に、東京都小平市の阿久根さん宅に集まり、ワイワイガヤガヤ、昔話に花を咲かせ、ひと時、学生時代に戻って笑い転げています。今年も、兵庫県・福井県からの常連客も集まりました。
話は、変って。今年は、ブラームのドイツレクイエムですね。私も歌いました。ドイツらしい重厚なイメージを持っています。すばらしい曲ですよ。11月は、格安航空券を購入し、聞くだけではなく、壇上で挑戦したくなっているところです。
後、思いつくままに列挙してみます。1年次、学生寮にて、フライエクンストの音楽に無条件降伏。こんなすばらしい世界があるなんて。同じく1年次の5月、故石丸寛が、NHKでのルハーサル時、石丸氏から「そこの2名、音を出して」と注意されビックリ仰天。歌った曲がフォーレのレクイエム。繊細なソプラノのメロディーに恋をした。夏の合宿は、阿蘇赤水先の西山荘。廃校となった小学校そのまま。夜のストームは、男の特権かと思いきや、ゲミ嬢から反対にストームされた。定演前は、子飼商店街にあるお寺で、布団をリヤカーで運び、集中合宿。定演時、ステージに上がりそれだけで感激。映画のヒーローになった感じ。白川公園前にあったゲミご用達の屋台「すがた」フライエ諸君集まり、焼酎片手にリーダーシャツで、ハモリ、皆自己満足。4年次、就職も決まり、遣り残したことを考えた。そうだ!今まで恋をする暇がなかった。今の伴侶におそるおそるデートを申し込み。三角線の終点まで行き、海を見ながら美味しい手作りお弁当に大感激。三角港は、太陽が海に反射し、私達を祝福してくれた。初めて、手を組みゆっくりゆっくり散歩した。ああ、懐かしき我が青春時代だった。
 

♪演奏会のご案内♪

 投稿者:名古屋大学コール・グランツェ  投稿日:2008年 1月22日(火)21時59分57秒
  突然の書き込み失礼いたします。混声合唱団名古屋大学コール・グランツェの神取と申します。我が団の定期演奏会のお知らせをさせていただきます。

純粋な合唱音楽の追究を目標として活動してきました我が団は、今年度定期演奏会が30回という節目を迎えました。これを記念し、信長貴富氏の委嘱作品をOB・OG合同ステージで初演いたします。客演指揮に伊東恵司先生をお招きし、信長作品の新しい魅力を存分にお楽しみいただけるものとなっております。遠方ではありますが、是非ご来場ください。

□■名古屋大学コール・グランツェ第30回記念定期演奏会□■

日時 2008年1月27日(日) 開場14:15 開演15:00
会場 愛知県芸術劇場コンサートホール(市営地下鉄栄駅4番出口より徒歩3分)
入場料 1000円(前売り500円 ※ぴあ前売り800円):全席自由

♪第1ステージ 五つの混声合唱曲「飛行機よ」
  作詩:寺山修司  作曲:萩京子
 指揮:川原田拓也 ピアノ:須田麻由佳
♪第2ステージ FIVE TRADITIONAL SONGS
  編曲:JOHN RUTTER
 指揮:小縣望
♪第3ステージ 混声合唱曲集「そのひとがうたうとき」
  作詩:谷川俊太郎 作曲:松下耕
 指揮:小縣望   ピアノ:須田麻由佳
♪第4ステージ 信長貴富新作委嘱初演 OB・OG合同ステージ
混声合唱曲集「いろとりどりのうた」
  作詩:川崎洋    作曲:信長貴富
 客演指揮:伊東恵司 客演ピアノ:平林知子

お問い合わせ・チケット取扱 神取:090-7850-7168
wir_glanzen_30th@friex.jp
チケットぴあ(Pコード 275-020)

名古屋大学コール・グランツェHP http://www2.jimu.nagoya-u.ac.jp/chorglanze/

団員一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております☆
貴重なスペースをありがとうございました。
 

第2回だれにも音楽祭ワーク参加しませんか?

 投稿者:けんたろうメール  投稿日:2008年 1月 6日(日)08時09分12秒
   日本で有数の音響を誇る、益城町文化会館ホールで、1月17日(木)、第二回だれにも音楽祭を、開きます。出演者がお金を出し合って、表現を楽しむ音楽祭で、観覧は、無料です。
 本年は、「交感力」をテーマに、参加型を、目指します。

☆フルートの奏法で悩んでいませんか? 大村友樹さん(元東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団)が、アドバイスします。(参加費無料)10分以内5人までで、経験年数は問いません。クリニック参加希望者は、ご連絡下さい。

☆京都から、山海塾舞踏手岩下徹さんが、「みみをすます」(『谷川俊太郎同名詩(福音館書店)より』)という題で、耳の不自由な方にもわかるよう交感・交流します。そのあと、「少しずつ自由になるために」というワークショップをします。(参加費無料です)

☆益城町文化会館は、熊本空港や、高速道益城インターの近くで、便利のいいところです

☆そのほか、カントリーミュージックの大御所チャーリー永谷さんも出演。プロアマ総勢13組のアーチストが参加します。観覧も無料ですので、ぜひお越し下さい。

☆お申込み連絡先  だれにも音楽祭 090-9070-6846(山下)へ

http://blog.canpan.info/npon/

 

定期演奏会のお知らせ

 投稿者:明治学院大学グリーンリーメール  投稿日:2007年11月26日(月)21時45分30秒
  突然の書き込み失礼致します。
明治学院大学混声合唱団グリーンリーヴスの中村と申します。
この場をお借りして、演奏会のご案内をさせていただきたく存じます。
この書き込みが不適切な場合は、お手数ですが削除くださいますでしょうか。

■■明治学院大学混声合唱団グリーンリーヴス 定期演奏会■■
日時:2007年12月16日(日)  13:30開場 14:00開演
会場:明治学院大学白金校舎内 アートホール(入場無料)
HP:http://greenleaves2007.web.fc2.com/
お問い合せ:iw-bh@parkcity.ne.jp

【演奏曲目】
第1ステージ ---三善晃編曲 「唱歌の四季」---
朧月夜、茶摘、紅葉、雪、夕焼小焼
指揮:宮田 圭一    ピアノ:緒形 宏子

第2ステージ -----Victoria&Monteverdi-----
Ave Maria
O magnum mysterium
Magi viderunt stellam
Ah dolente partita
Io mi son giovinetta
Zefiro torna
指揮:武田 恵司    オルガン:渡部 聡    ハープ:真野めぐみ

第3ステージ --------------Mozart--------------
Sub tuum praesidium
Sancta Maria, mater Dei
Alma Dei creatoris
Misericordias Domini
Ave verum corpus
指揮:宮田 圭一    管弦楽:明治学院大学管弦楽団

皆さまのご来場を、団員一同心よりお待ちしております。

http://greenleaves2007.web.fc2.com/

 

レンタル掲示板
/2