teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


BBSまで停滞…(;^_^A

 投稿者:ガンス♪  投稿日:2016年 3月22日(火)22時34分10秒
  すみません。BBSも停滞してますね。たまに何か書いておかなくては。消滅しちゃったら困るので。

もうちょっと経ったら、少し、生活に、時間に、余裕ができると思います。ホームページもBBSも、少しは何か書けると思います。今しばしご容赦を。
 
 

さようなら、花っ屋~♪

 投稿者:ガンス♪  投稿日:2014年 6月 1日(日)18時49分29秒
  さて…衝動買いという言葉がありますが、衝動売りをしてしまいました。

平成15年8月に新車で購入した『花っ屋~♪』こと、SUZUKI EVERY WAGON SPORT 4WD (DA62W)。走行距離はまもなく10万kmに達し、今年の8月下旬には車検時期を迎えます。

北海道在住中は、私と妻それぞれ通勤の足としてクルマが必要だったのですが、こっちに引っ越してきてからは、セカンドカーはなきゃなくてもなんとかなる。そんなに必要性がないクルマでも、税金・保険代・駐車場代などもかかるし、車検を通すにはそれなりにかかる。維持していくだけでも、お金はかかるわけです。

   「8月に車検を通すか、売却するか、廃車にするか…」

なんて迷っていたのですが、昨夜、何の気なしにネットの「クルマの査定」の広告をクリックして、必要項目を入力して、今朝から何社かから問い合わせの電話などがあり…うち1社が、予想を上回る査定額を呈示。

   「ボディに塗装あとがくっきりあるし、あちこち錆びてるし、バンパーは割れてるし、高年式だよ」

と言ってもなお「その金額でぜひ売ってくれ」とのこと。

まぁ、エンジンは元気ですから、まだ走れるんですよね。現状ではこれといった不具合はありません。でも、高年式なので、いつ何時ぶっ壊れるか不安。実際、去年はドライブシャフトのベアリングがいかれて、ドライブシャフトごと交換で修理費6万円もかかったし、北海道ですでに壊れていたエアコン…京都府舞鶴では暑くて死んじゃうのでこれの修理でも3万円かかったし。今後を思えば、車検を通してまで維持しても、またどこかが壊れ、金ばかり買うのでは…という不安があったわけです。

というわけで、さきほど売却決定~。無線機やホーン、LEDのポジションランプなどを外して純正状態にしていく作業を開始。

以前、ぱらきんさんから『ジムニー用に』と頂戴した『マックツールのドライバーの柄を加工したシフトノブ』も、花っ屋~♪で使っていました。これも純正のノブに交換。このシフトノブは、次にまたマニュアル車に乗るときまで大切に保管しておきましょう。

夏タイヤがボロボロだったので春に交換せずに、そのままスタッドレスタイヤを履いていたのですが、先方は夏タイヤを希望。夏タイヤ&純正アルミへの交換も実施。

炎天下で一日屋外作業。疲れた…。

   ★   ★   ★   ★

約11年間。途中、約4年間に渡り、父の所有などにうつったりもしましたが、基本的には私が買った5台目のクルマであり、3台目の新車でした。

いすゞビッグホーンからの代替でした。デカいRVにもひけをとらない広々ラゲッジは非常に使い勝手がよかったですし、660ccエンジンながらもターボつきMT。加速も気持ちいい軽自動車でした。

新車として購入直後に、長万部町の飯生神社でお祓いもしてもらいました。一度だけ(幸いにも)軽い自損事故はありましたが、怪我もしなかったし、修理もできました。室蘭・札幌・釧路・京都と、4枚のナンバーを付けました。カントリーサインの旅では、この車中で泊まったことも何度もありました。

総走行距離97367km…うち、私の所有下で走った距離は63826km。
初度登録から10年9ヶ月…うち、私の所有下の期間は、6年1ヶ月。

いざ手放すとなると、ちょっと寂しい気がします。

次のオーナーさんにも可愛がってもらえれば、と思います。今までありがとう。花っ屋~♪楽しいクルマでした。
 

またしても、峠

 投稿者:ガンス♪  投稿日:2014年 5月 5日(月)23時16分52秒
  前の投稿は5月3日のツーリングでした。そして今回のが5月4日のツーリング。

2日は東へ、3日は西へと走ったので、4日のテーマは『京北のワインディングを攻める』というに。2日にエンゼルラインの展望台で出会った京都市のライダーさんが「美山辺りが楽しい」と話していたので、行ってみました。

舞鶴市を出発し、東隣の福井県高浜町から県道16号線へ。この道は、舞鶴から京都へのルートの一つ『周山街道』への入口。なれど、やたらとタイトコーナーが多くて急勾配。以前、クルマで走って『もう二度と走らないぞ』と心に決めた道。しかし、クルマだったらキツイ道もバイクだったら楽しい。

国道162号線に出て『周山街道』を南へ。道の駅『名田庄』には、わんさとバイクが集まっていましたが、まだ休むにはちと早い。あえて停まらず、堀越峠を越えました。

峠向こうの道の駅『美山ふれあい広場』にて小休止。以前、寒い時期に来た時には、ひとっこひとりいない寒々とした道の駅だったのに、今日はわんさと人・クルマ・バイク・自転車が集まって、ひしめき合っている有様。

おまえら、どこから湧いて出た?

県道38号線で山中へ。ちょっと走ると、五箇山のような合掌造り集落が出現。一旦停止。『美山町北集落』…茅葺民家が軒を連ねる集落に、観光客が集まってえらい賑わい。民宿もあり、泊まることもできるらしいです。今日はわんさて観光客がいて混み合っているので、遠くから眺めるのみ。後日、改めて観光しに来てみましょ。

佐々里峠への県道38号線。これがまた、狭い道とタイトコーナーの連続。センターラインもない1.5車線くらいの道で、バイク 対 乗用車 でも、道を譲り合わなければならない始末。そこいらで、ナチュラル片側交互通行。勘弁して欲しいのは、コーナー直前まではセンターラインがあったのに、タイトコーナーに入った途端にセンターラインがなくなる箇所があったこと。だったら始めっから線入れるなよ。コーナーで対向車がインをついてきて『ヒヤリっ』とすること数回。

道の脇には小川。これ、由良川の源流。去年の台風18号では由良川が大氾濫して大変な被害が発生しました。由良川は、幅が広い大きな川。しかし、当たり前だけれども、源流は小川なのです。この道の脇を流れている由良川は、ほんとに単なる小川。

   ★   ★   ★   ★

佐々里峠の頂に、遅咲きの桜が満開でした。しばし停車して、癒されました。ええなぁ。ソメイヨシノかな?やっぱし日本人は、桜やなぁ。なんて。

他に5台のバイクも停まっており、おのおのバイクと桜の写真撮影なんかにいそしんでました。

さて、走行再開しましょか。ほかの5台も私と時を同じくして走行再開。一緒に峠を降ります。見たとこ、ライダーたちは、私と同世代か、もちっと上かなぁ。老練のライダーたちのお手並み拝見。

いや、実際。うまかったです。タイトコーナーの連続なのに、無理がない。深いバンクでするするって抜けていって。次のコーナー手前で鋭く減速して、またクリッピングでするする~って加速していく。バンピーな路面だし、ところどころ砂とか泥とかもあるけど、限界よりも手前の『余裕』のある速度で楽しんでいるから、何があってもへっちゃらな感じ。なのにっ!!バンクは深い。けっして手を抜いた走りではないっ。まさしく、老練のライディングスキル。

   『こいつら、白バイ乗りなんじゃねぇか??』

と、ちょっと疑うほど。

5台目の最後尾のバイクに張り付きました。もちろん、嫌味にならない程度に。こういう集団の最後尾こそ、集団の中のベテラン。最上級者が走るのが定石。下り坂でのスキルこそ、真価が問われます。いざ勝負。

タイトコーナーの連続。6台目に余所者がぴったりと張り付いているためか、徐々に彼らのペースが上がっていくのがわかります。おいて行かれるものかっ。前を走る5台は、ラインどりこそバラバラであるものの、パンク角はけっこう深い。

   『うわぁ。だいぶ倒れてるな。レーサーみたいだ』

しかし、私も同じ速度でコーナーに入っているということは、それに近いバンク角になっているはず。

   『パニムケース付けてやることかっ??(笑)』

道警の白バイ隊員とのデッドヒート(※)以来の興奮。動画で撮影して見せてあげたいほど。レースみたいっ。

   『楽しいっ♪最高っ♪』

(※自動車学校のコースをお借りしての安全講習会の最後に『白バイ隊員に挑戦』というコーナーがあり、白バイ隊員としてはもちろん8割程度なんでしょうが、ガンス♪は本気全開で挑み、転倒寸前まで攻めこんで楽しかったのです。)

余所者にぴったりとつかれているせいか、さっきまでの余裕が薄れてだんだん集団がバタついていく。コーナーの突っ込みも、集団の誰かがミスるとその後ろがバタバタとしていくし、ライン取りも乱れてきている。

鋭く加速。そして減速しつつタイトコーナーへ。私の前の5台目のテールがふるふると震える挙動。早くインにつき過ぎ。そして、突っ込み過ぎ。ゆえに急制動。

   『そんなに無理な速度じゃないだろぉにっっっ』

私も急制動。前のバイクのテールぎりぎりまで接近しつつ、追突しないようにラインをクロスさせて回避。抜く気なら抜けるけど、抜いてしまうと、今まで煽ってきたことになってしまうので(笑)

4台目までは難なくコーナーから立ち上がって先へ。5台目と私は、立ち上がりが遅れて差が発生。そこから先は、5台目が肝を冷やしたのかペースダウンし、あっという間に4台目から前は見えなくなってしまいのした。ちょっと圧力かけ過ぎたかな。こういう走り方では、実力が似たり寄ったりなら、後ろの方が優位なのです。

   『いやぁ、楽しかった』

少し先で、前を走るミニパトに追いついてペースダウン。案内標識には『京都市右京区 国道477号線』なんて書かれていました。

   『あれ??477に入る前に、110に曲がるんだったんじゃなかったっけ?』

停車。どうせミニパトの後ろでは、さっきみたいな楽しい走りはできないので。5台さん、ありがとう。楽しかったです♪

   ★   ★   ★   ★

すっかり彼らとの走りに興奮して、曲がるべき交差点を通過し、けっこう走ってきてしまっていた。でも、当初予定ルート(※地図上の青色のルート)をちょっとショートカットしてしまっただけ。先へ進む。

   ★   ★   ★   ★

京都市右京区。と言っても、かなり山間。これが北海道だったとしても『田舎』と言われるようなのどかな風景。

京都はいい。都会だし、ちょっと走ればこんなにのどかな田舎もある。気候もいい。そして、歴史と風情もある。道だって、選べばいい道もある。実際、四国並みの酷道もあるが、幅が広くて高速コーナーが続くような道もある。

集落の市街地近くを過ぎる。河畔ではバーベキューを楽しむデイキャンパーたち。

   『いい匂いっ♪焼肉食いてぇ』

そこから数キロ。川の流れに沿って山間へと走っていくと、女の子が立っていました。

   『あれ?泣いてたよな?』

気になってUターン。女の子のもとへ。

   『なしたのぉっ?』

小学生の女の子。大泣き。

   『泣くな。まずは泣くのをやめぇ。おじさんが聞いたげっから』

キャンプに来て、父親と散策しているうちに、父親が山へ分け入って行き、待ってても出てこないのだとか。要するに迷子。服もずぶ濡れ。川を渡ったと言う。父親のほかに母親も一緒に来ており、母親はクルマのある場所で留守番をしているらしい。 川はけっこうな急流。父親と一緒に渡ったのか、父親を探し求めて渡ったのか。どっちにしても来た道を戻ろうと再び川を渡って、流れにのまれては困る。

   『わかった。じゃ、おじさんのバイクに乗って、おかあさんのいる場所を探そう』

さっきの集落のデイキャンパーが集まっていた辺りかな。ここから数kmあるけど、この子ずっと歩いてきたんだべか? いや、迷子ってえらい歩くからな。

女の子にヘルメットを被せて、自身はノーヘル。仕方ない。パトカーに見咎められても、迷子だと事情を説明すれば検挙はされないでしょう。低速で下流の河川敷へ。

   『ここ?』

   『違う。最初、ここに来たけど、人がいっぱいいるからもっと空いているところに行こうって言って、山の中に行った』

ということは、上流か。

   『じゃ、ゆっくりと上流に向かうから、見覚えのある景色があったらおじさんの脇腹をポンポンって叩いてな』

再び上流へ。女の子はバイクに乗ったことがないというので、怖がらないようのんびりのんびり。女の子は、不安からか、衣服が濡れた寒さからか、がくがくと震えていました。

数km走るとポンポンと女の子が脇腹を叩きました。見ると、道路わきの斜面の林の中ににワンボックスが乗り入れてあり、母親らしき人が。

   『あれ、お母さん。有難う御座いましたぁ』

女の子はバイクを降りた。ヘルメットを脱がせると、ぺこんと頭を下げて母親のもとへ駆けて行った。駆けて行く途中で、もう一度振り返って、ちょっと笑顔をみせて、深々とおじきをしてくれました。

よかったよかった。いいことをして、気分よし。

★   ★   ★   ★

以後、県道19号線を北上して再び道の駅『美山ふれあい広場』へと北上。さらに府道12号線で由良川に沿って西進。混み合う幹線国道を避けて、脇道脇道とルート選択しつつ、舞鶴市へと帰着しました。

私にとっては、走るのが楽しいということと、未知の道は楽しいということがわかった3日間でした。近場でも、楽しいっ♪

走行距離 251.6km
 

とにかく、峠

 投稿者:ガンス♪  投稿日:2014年 5月 5日(月)18時51分57秒
  事後ですが、5月4日のツーリング。

連休。とにかく、何を欲しているかと言えば『走ること』です。

京都府舞鶴市に来て約1年。ソロでツーリングに行く暇も機会もあまりなく。3日は舞鶴市から東へと走ったので、4日は西へ。単に遠くに行きたいのであれば、幹線国道に乗ればいいのですが、欲しているのは『距離』ではなく『走り』なので、ただただひたすら海岸線に沿って行ってみましたっ。

舞鶴市から宮津市。天橋立は昨年行ったし、GWは激混みですから今日は素通り。伊根の海岸も美しいですが、去年行きましたし、丹後半島巡りは無視。宮津市から県道53号線で、山越えし、久美浜湾辺りに出てみました。海と繋がっている湖のようなところ。北海道で例えると能取湖とか。そして、そこには温泉地もあったりして、いずれのんびり泊りがけで来てみたいものです。

さらに進み、城崎温泉。ほぉっ、ここがかの有名な『きのさきおんせん』ですかぁっ。京都から舞鶴へと特急列車に乗ると、綾部で連結が切り離されます。後ろ半分が舞鶴行の『特急まいづる』で進行方向が逆になり舞鶴線へ。前半分は進行方向はそのまま城崎温泉行の『特急きのさき』になるのです。

今日はバイクなので、温泉には入らずに素通り。湯に入ると、ドッと疲れて走りたくなくなっちゃうので。

城崎温泉から県道11号線で峠道へ。峠道ったって、北海道の峠とはわけが違う。道は狭いわ、コーナーはタイトだわ、勾配はきついわ。見下ろす景色のいいこと。まっ、北海道の積丹とかの景色にも似てるので、わざわざ写真は撮ってませんけれども。でも、海の色は北海道のそれとはちょっと違って、青いかな。そして、白い砂浜なんかもあって。

いやいや、とにかく、道ですっ!!峠。ワインディングったって、高速で走るとこなんか一つもありゃしない。どっちかってーと『ジムカーナ』です(笑)
アクセル開いた次の瞬間にフルブレーキかけて、コーナーでクリッピングしながらまたアクセル開け、右から左、左から右へと、身をひるがえすことの忙しさったらない。

楽しいこと、楽しいこと。でも、ZZ-R1100じゃなく、GSF1200だったら、もっと走りやすかったべなぁ。

ほんと、北海道ならともかく、本州じゃ、このハイスピード向きのバイクは余します。もったいない。次は600ccくらいの取回しのいいバイクにしよっ。

走ってるのが楽しくて、鳥取砂丘まであと50kmという香住の辺りまで進出しましたが、その先の道は地図では『極狭路』という記載。いままでの道でも狭いってのに、まだそれよりもひどいって、どんな道?と興味はそそられましたが、タイムオーバー。折り返して帰ってきました。

いずれ、この先の道にトライしてみます。そして、餘部鉄橋も観たいですね。
 

京都市の藩士さんと…

 投稿者:ガンス♪  投稿日:2014年 5月 2日(金)21時19分35秒
  ネタはあるのに、忙しさにかまけて、ぜんぜん更新をしておりません。

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか?
私は、連休は連休なのですが、諸般の事情により、この連休は旅はしません。京都府舞鶴市を拠点に日帰りツーリング程度で楽しむ予定。

今日は、1230に出発。

 「とりあえず、三方五胡あたりに行ってみようか」

舞鶴市から1時間ちょっと。福井県小浜市のちょっと向こう。外気温23℃くらい。天気晴朗で日差しが暑いほど。北海道の初夏並み。

小浜湾を見下ろす『内外海半島』にある『エンゼルライン』というワインディングへ。去年の春くらいに一度クルマで来たことがある道。ややバンピーな峠道は、タイトコーナーも多く、バイクで走ると楽しい。

頂上の駐車場で景色を見て、ちょっと降りて第二駐車場。ここに、ヘルメットに『水曜どうでしょう』のステッカーを貼ったライダーさんを発見。

 『いいですね、どうでしょうステッカー』

と話し掛けたら

 『近畿では、どうでしょうを知っている人が少ないんですよねぇ』

とのこと。聞けば、京都市の藩士さんでした。

 『私、ほんとは北海道のライダーなんですよ』

と打ち明け、212市町村カントリーサインの旅を巡ったことなども。

 『バイクで北海道に行ってツーリングしたいんですよ』

とのこと。そりゃあ、ライダーにとっては北海道は聖地。ぜひ、行ってみてください。でも、3日やそこらで一周はできないよ。お盆前の太平洋側は寒いよ。ゴールデンウィークなんか絶対無理!なんて話し、お互いの写真撮影も(笑)

内外海半島から常神半島へ。狭い海岸線に沿ったワインディング。前の愛機SUZUKI GSF1200に比べると、ちょっと取回しに難があるKAWASAKI ZZ-R1100ですが、だいぶ慣れてきたかな。そこそこ深いバンクで、ひょいひょいとタイトコーナーも軽やかに曲がれるようになってきた。

峠の頂上で、わらわらと道を横切って行く動物の大群。北海道ならエゾシカですが、ここでは猿!!北海道にはいませんので、ついバイクを停めて写真撮影。けっこう目の前で、毛づくろいしとりました。

結局、舞鶴市から1時間ちょっとで行ける程度の近場で楽しんでしまった。周遊213km。1700帰着。楽しかった。

さぁ、京都の藩士さんが見るかもしれないから、いい加減、ホームページを更新しましょうか。
 

四国八十八箇所 ぼつ画像投稿

 投稿者:ガンス♪  投稿日:2014年 1月26日(日)19時22分23秒
  その三  

四国八十八箇所 ぼつ画像投稿

 投稿者:ガンス♪  投稿日:2014年 1月26日(日)19時21分38秒
  その二。  

四国八十八箇所 ぼつ画像投稿

 投稿者:ガンス♪  投稿日:2014年 1月26日(日)19時20分13秒
  四国八十八箇所の旅の公開を開始しましたが、画像がたくさんありまして、「ホームページで公開はできないけど、なかなかいい画像」をこちらにアップしておきます。

 

関西は日本じゃないっ。

 投稿者:ガンス♪  投稿日:2013年 5月13日(月)21時37分32秒
  というわけで、トップで公開しましたとおり、平成25年4月に北海道釧路市から京都府舞鶴市へと、転居いたしました。

本日、所用でマイカーで大阪へ。
ここは、日本じゃないですっ。日本の法律が、通じませんよぉっっ。

大阪府内のとある交差点。左折時に赤信号で停止したら後ろからクラクション。隣の車線の左折車はバンバン信号無視して左折しまくり。

 「えっ?赤信号でしょ??」

『左折OK』の青矢印でもあるのか?と見直すもやはりそんなものはなく赤信号だけ。


交差車両がやってくるまでは『行けるなら行く』のが、大阪ローカルルール?そういやぁ、こないだも、左折一時停止で停まったら鬼のようにクラクション鳴らされてさらに煽られた。これは京都府内ですが。

どーなってんの?関西っ!(怒)

ベトナムかっての。
 

停滞中

 投稿者:ガンス♪  投稿日:2013年 4月17日(水)22時26分23秒
  トップページは2月のままですが…ここに書き込んでおきますね。

実はこの4月に転勤となりまして、北海道釧路市から転居いたしました。
引っ越し荷物の荷入れの翌々日にはもう勤務開始。しかも、これまたけっこうな多忙。引っ越し荷物はいっこうに片付かず、ホームページ更新も後回しになっております。

今しばらくお待ちください。
 

レンタル掲示板
/19