投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:  投稿日:2016年12月16日(金)14時57分30秒
  こちらには続きは載せないのかしら?  

小説について

 投稿者:アニマルゾンビ  投稿日:2013年12月30日(月)23時45分48秒
編集済
  僕はデジモンアドベンチャーをパソコンで見始め、いつのまにかデジモンが大好きになりました。そんな中であったこの小説は生涯忘れることはかいとおもいます。こんな胸があつくなるような作品がよみたかったんです。
ありがとうございます。これからもよろしくおねがいします。
 

(無題)

 投稿者:Vモン  投稿日:2013年 5月29日(水)23時28分55秒
  ただ単に『テキストファイルに落として読む』はいいんですね。
更新楽しみにしています。
 

管理者レス

 投稿者:大山シュウ@管理者  投稿日:2013年 5月28日(火)08時11分34秒
  管理者です。
遅くなりました。


>Vモン様

 初めまして。
 ご質問についてですが、どういう目的でコピペするかにも依ります。
 単純にご自分で読みやすいテキストファイルなどに落として読まれるというのであれば何も問題はありませんし、
 私が書いたものだとわかる形で転載していただけるのなら、それは有難いくらいです。
 それ以外にも引用など、常識の範囲内なら問題はないと思います。


>ハグルモン様

 大変遅くなってしまい、申し訳ありません。
 確か、トライアングル最後の一体については14話くらいに情報があるはずです。
 ムルケルやルーティの種族については、一応まだ伏せておきますが…さすがにルーティはバレバレですか。

 プロローグは掴みですから力も入るというものですが、自己評価するとやや演出過多かもしれません。
 後の話と照らし合わせると、個人的に気になるところもあったりしますね。
 

プロローグ感想

 投稿者:ハグルモン  投稿日:2013年 4月28日(日)21時52分2秒
  待たせたな(ソリッド スネーク風に)
たいへん遅くなりました「バーサス・テイマーズ プロローグ」の感想です

タイトルのバーサス・テイマーズ…直訳すると「~対テイマーズ」となりますがその意味とは…

●感想●___________________________________________________________________________

 冒頭、砂嵐の中を進軍する50体のナイトモン兵団から物語は始まります
彼らの任務はたった1つ「“奴らのマザー”」の場所を特定すること
進軍する内に味方が半数程にまで減っていきましたがが目的地のマザーにたどり着きました
半分の隊を囮にして、もう半分が帰還しようとした…その瞬間“奴ら、「テイマー」”が襲撃を開始しました

敵の数はたった三体
「速過ぎて残像しか見えない“紫のデジモン”」
「軍団長がその正体を知っている“巨大な翼をもつ四足のデジモン”」
そして、「軍団長が尊敬している“左腕に剣、右腕に巨砲を備えるデジモン”」

戦闘とはとても呼べない“駆逐”の後、彼らナイトモンが存在していた証の無くなった戦場で3人のテイマー「トライアングル」と呼ばれるグループの会話が始まりました
1人目「穏やかな口調の“長身の少年”」
2人目「冷静な口調の“黒のドレスの少女”」
3人目「好戦的な口調の“小柄な少年”」

以下、3人の会話の要点
・彼らは「トライアングル」と呼ばれている
・空で戦いを観察していた人物がいた(彼と呼ばれているので男?)
・その人物の情報のおかげでナイトモン達の動きを早い段階で察知していた(スパイ?)
・その人物は少なくともトライアングル内では評判はよくない(死神野朗と呼ばれる程)


そして、戦場跡とは別の場所で3体のデジモン達の会話が始まってました
「“ムルケル”と呼ばれる一人称が私の策士と思われる小柄なデジモン」
「“ルーティ”と呼ばれる一人称がボクの小柄なデジモン」
「“デュラン”と呼ばれる一人称がオレの3体の中では一番強いデジモン」

以下、彼らの話の要点
・いままでデリートされた仲間のデジモンは1307体に上る
・彼らの信仰対象?は“創造界”と呼ばれる
・ムルケルには、敵とは別の「テイマー」を核とした最後の希望である“策”がある

●あとがき●_________________________________________________________________________

 大体、始めたのが午後7:00で今が午後10:00と想像以上に時間が掛かってしまいましたが、
そんな時間を感じさせない程、没頭して書き上げてました。
本当は、プロローグ~1話の感想を書く予定でしたが書いてるとあまりにプロローグが長いので1話はまた今度に書かせて貰います。(出来ればもう少し要点まとめて短くして)

この感想を書いてる内になんとなくですが、いままでわからなかった、トライアングルとムルケル達の正体がわかりました。
たぶん、トライアングルの最後の1体は○○○○○○○○モンで、ルーティは○ー○○モンでムルケルは○○○○○モンだと思うのですが合ってるでしょうか?
 

コピペについて

 投稿者:Vモン  投稿日:2013年 4月21日(日)23時32分32秒
  無限大のやバーサーカーなどを個人的にコピペしたいのですが駄目ですよね?  

こうも短い間に

 投稿者:大山シュウ@管理者  投稿日:2013年 4月 5日(金)23時31分22秒
  ここへ書き込むのは久し振りです。

>ハグルモン様

 わざわざ感想を書いていただけるとは望外の極みです。
 貴方のペースで一向に構いませんので、書き込んでいただけると嬉しいです。
 どうぞお願いします。
 

要望?

 投稿者:ハグルモン  投稿日:2013年 4月 4日(木)18時52分19秒
編集済
  お返事を、ありがとうございます
あの後、好きな話だけもう1回読ませていただきました。
その途中で思ったのですが、1話からBTの感想を書かせて、いただけないでしょうか?
ド素人ながら、BTの話の流れを今一度整理しながら追って行きたいからです。
よろしければ、お返事ください
 

相も変わらず停止中

 投稿者:大山シュウ@管理者  投稿日:2013年 3月28日(木)01時36分18秒
  言葉もありません。

>ハグルモン様

 初めまして。
 この超不定期な小説を気にかけてくださり、ありがとうございます。
 更新停止については申し開きのしようもございませんが、再開を諦めたわけではありません。
 どうか今暫くお待ちくださいとしか言えない状態です。


・挿絵とカード

 ライトノベルの例をみるまでもなく、挿絵はとても重要な要素だと思います。
 私は一応絵描きでもあるので、せっかくだからといろいろ描いてますが、まあ大変ではあります。
 仕事をしながらなので、1エピソード書きあげるのに1ヶ月じゃきかない場合もあります。ハイ。

 カードのバトル投入については、テイマーがパートナーを補助できる大変に秀逸なアイディアでしょう。
 テイマーズだけでしか採用されてないのが今となっては信じられません。あれはもっと評価されるべき。
 いかんせん、カードはそれ自体を主に扱わないと魅せるのが難しいという弱点があるのですが……
 バーサスの中であれこれ使えてるのは、小説だからできてる部分もあるのかもしれません。

 貴方のような方が一人でもいてくださる限り、モチベーションが湧いてくるというものです。
 今はまだ別にやるべきことがあるので、その後からが正念場となるでしょう。
 

感想?

 投稿者:ハグルモン  投稿日:2013年 3月11日(月)23時53分7秒
編集済
  初めまして
ハグルモンという者です
バーサステイマーズをたった今、全部読ませて頂きました
普段あまりオリジナルデジモン小説は読まないのですが、デジモンの感想を探してた時にこのブログに出会い読み続けている内にこのBTを見つけ、毎日少しずつ読んでました。
上にも述べた通り、普段私はオリデジ小説を読みませんが自信を持ってこう言えます。
BTは、個人で書いているオリデジ小説の中でトップクラスの完成度を誇る、と

以下、適正な感想
このBTを面白くしている一番の理由としては、毎話1枚入っている挿し絵だと思います。挿し絵のおかげでオリジナルデジモンが登場しても、そのデジモンの技を容易に想像できるからです。
大体のデジモン小説では、オリジナルデジモンが登場するものの、挿し絵がないためそのデジモンの姿を想像しにくいですが、BTは挿し絵があるので苦にならず話を進めていけます
2番目の理由として上げられるのは、デジモンテイマーズを連想させるカードを使ったバトルです。テイマーズではカードはあくまで戦いの補助的なもので終わってしまいましたが、BTでは戦いの行方を左右する程の効果を持っているというのは無類のテイマーズファンの私としては最高の設定でした。

以下、あとがき
更新履歴を見る限りだと2011年ぐらいから更新がストップしているようですが、これから続けていく予定はありますか?
私としては、このまま終わってしまうのは勿体無いの一言だと思います
下のコメントを見て下さるとわかる通り大山ショウさんの作品を待ち焦がれている人が沢山いるんです。だから更新頑張ってください

なんか、最後偉そうなことを言ってしまってすみません

さて、2週目といきますか
 

(無題)

 投稿者:ディアボロモン  投稿日:2012年 8月 6日(月)21時17分13秒
  お久しぶりです。
お答えいただきありがとうございます。
2000年代半ばということはセイバーズがやっていた頃ですか…
7,8歳の頃か… 確かに随分時間が経ちましたね。

セイバーズといえばミラージュガオガモンって意外とかっこいいですよね。
リ・デジタイズで育ててみてからそう思うようになりました。
これは親バカですかね(笑

バーサス・テイマーズの更新待ってます!!
 

(無題)

 投稿者:スカルアグモン  投稿日:2012年 6月16日(土)15時17分33秒
  初コメのスカルアグモンです。
好きな作品は無印とテイマーズです。バーサステイマーズとても おもしろいかったです。
デジモンのオリジナル小説はたくさんあるのですが、ここまで壮大な物語はありません。

更新頑張って下さい
 

停滞中

 投稿者:大山シュウ@管理者  投稿日:2012年 5月22日(火)06時08分14秒
  やっとここに書き込めます。
またしても長期更新停止してしまい、申し訳ありません。
本作の更新には多大なエネルギーを要すため、只今構成の再確認とともに充電しております。
放置しっぱなしにする気はないのでご容赦下さい。


>綾錦様

 とんでもない亀レスで申し訳ありませんが、忌憚なき意見ありがとうございます。
 私の未熟で苦労をおかけしてしまい、弁解のしようもございません。
 再開へ向け、より精進してまいります。


>ディアボロモン様

 連載が始まったのが2005年だったので、本作の時期もだいたい2000年代半ばに設定しています。
 なので、たぶんウォルフが映画でオメガモンを見たのは6歳ぐらいの頃ではないかと……
 2012年には18歳、大学生ぐらいになっている計算ですね。

 …もうそんな前か……だんだん自己嫌悪に陥ってきました。



 

(無題)

 投稿者:ディアボロモン  投稿日:2012年 5月 3日(木)09時40分6秒
  そういえばウォルフって今(2012年)何歳なんですか?
オメガモンを銀幕で見たって書いてあったような…
 

(無題)

 投稿者:綾錦  投稿日:2011年 9月15日(木)22時09分16秒
  文章構成もストーリーの組み立て方も、伝わってくるキャラの感情も、私としては申し分ないです。
どれも、ぜひ参考にしたいものばかりです。
……が、どうしても小説が読みにくいのです。

理由は、同じページ内で地の文を語るキャラがコロコロ替わっているためだと思います。
ウォルフの心情を追っていたはずなのに、いつの間にかジェシーへと切り替わる。
アンジョモンの心情が垣間見えたかと思えば、次の瞬間ウォルフの意識に替わる。
なんだか頭が混乱してきます。
まだ未熟者の私が言うのは引けるのですが、そういう意味では、なんとも読みにくく、感情移入のしにくい小説だと思いました。

私はまだ10話Aまでしか読んでいないので、その先がどうなっているかは分かりません。
この状態が続いているのか、それとも改善されているのか……?

ともかく、「しばらく休止」とのことなので、いつか続きが更新されるのを待っています。
アニメ感想ともども、これからもこのサイトにお世話になることになろうかと思います。


最後に、初書き込みのくせに出過ぎた意見を言ってしまい、本当にすみませんでした。
 

更新休止のお知らせ

 投稿者:大山シュウ@管理者  投稿日:2011年 2月 1日(火)06時27分0秒
  ブログの方にも書きましたが、一身上の都合により引っ越しを模索中です。
そのため、当面の間ブログ以外の更新を自粛いたします。
特に小説は今書ける精神状態にないので、しばらく休止となります。

誠に勝手ながら、ご了承ください。再開の際はまた報告します。
 

17話感想

 投稿者:ケイオス  投稿日:2010年11月 7日(日)23時10分51秒
  まさかここでこんなゆるい回をやるとは・・・予想が見事に外れました。流石。

そして予想外の非悪役2人の登場。3人のままで進むと思わせといて、まさかの仲間追加フラグ?

来年も楽しみです。
 

17話

 投稿者:大山シュウ@管理者  投稿日:2010年11月 6日(土)20時21分3秒
  管理者です。

もうちょっと早く上げたかったんですが、とりあえず17話をアップできました。
これが今年最後の更新になると思われます。

今回はちょっと緩い雰囲気。
 

ザ・デジモン

 投稿者:大山シュウ@管理者  投稿日:2010年 9月24日(金)05時33分51秒
  確か、デジアドのころの食玩系フィギュアにそんな名前のがあったと思います。

>ケイオス様

 基本的に、敵テイマーにはそれほど細かい設定を用意してません。描写されたものがだいたい全部。
 中村美雪嬢の性格についても「内気で目立つのが嫌い」という以外のものはありません。
 性格がパートナーに反映されてるメンバーが多いのは、わかりやすさ重視です。

 理香については確かに13話で伏線を撒いておいたのですが、もう少し出しといてもよかったですね。
 入れる余地がなかったといえばそれまでですが……
 

16話感想

 投稿者:ケイオス  投稿日:2010年 9月22日(水)19時29分47秒
  ザ・ウェンディモンって・・・オリデジ欄にすら乗せてもらえないという・・・あれ、「ザ・○○モン」って名前の前にもいたような・・・気のせい?

中村美雪さん・・・なんか設定ぐらいどこかに挙げておいてくださいな。

しかし、読み返してみると高原怜美の後輩は13話でもう出てたんですね。完全に忘れてた伏線だ・・・

なかなかいい感じの話でしたね。暗すぎもなく、明る過ぎでもなく。
そろそろ究極体ばっかでてきますね。
 

/4