teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re:初めまして

 投稿者:荒木一成  投稿日:2017年12月24日(日)16時10分33秒
  頭足人さん
アロサウルス模型、投稿ありがとうございます!
もうアドバイスするところが無いほど見事な作品ですね。
姿勢、バランス、指先の動き、尻尾のカーブまで、どこから見てもかっこいいですね。
他の恐竜もどんどん作って、投稿して見せてください!

http://dinomodel.cocolog-nifty.com/dinosaurs/

 
 

初めまして

 投稿者:頭足人  投稿日:2017年12月23日(土)23時24分41秒
  初めまして、頭足人と申します。
中学の時に荒木先生を知り、初めて恐竜模型を作ってから約6年、現在は美術を勉強中の大学生です。
画像は最近制作したアロサウルスです。アドバイス等頂けると光栄です。
今後も作品等アップしていければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
 

ハルシュカラプトル作ってみました

 投稿者:☆亜細亜  投稿日:2017年12月 9日(土)19時34分49秒
  調子にのって浮遊形態です。  

ハルシュカラプトル作ってみました

 投稿者:☆亜細亜  投稿日:2017年12月 9日(土)02時20分48秒
  今度は遊泳形態♪,  

ハルシュカラプトル作ってみました

 投稿者:☆亜細亜  投稿日:2017年12月 8日(金)01時00分50秒
  いつものごとく、言ったもん勝ちみたいなところはありますが(笑)。
今度は遊泳姿勢でも。
 

ステライト合金

 投稿者:cobaltalloy  投稿日:2017年12月 7日(木)14時57分56秒
  ステライト合金超合金は、炭化物強化に大いに依存している。 417°Cの純粋なコバルト結晶は、より高い温度でfccに変換される高密度の六方晶(hcp)結晶構造である。ステライト合金利用可能な耐性るつぼボイラ。また、誘導炉(電源周波数、IF)も使用されています。合金の構造は、純粋な金属よりはるかに複雑です。合金は2つ以上の元素からなるので、元素間の相互作用は様々な異なる相を形成する。同じ化学組成、同じ構造、および均一な成分による界面の他の部分との相と呼ばれる金属および合金において我々は、

機械的合金化によって調製された粉末冶金超合金。機械的合金化(MA)は、高エネルギーボール酸化物超微粒子粉末と十分に均質化によって、構成要素の関数であり、粉末金属合金粉末に加工します。 MAの原理は、機械的な力の下での金属粉末の変形、壊れた繰り返しの冷間溶接である。高硬度及び金属酸化物粉末中にMAを連続軟質金属マトリックス中にラビングされ、それは、粉末は、実質的にサイズが限定されるものではなく、混合は異なります。

コバルト基超合金は、一般的に980℃以上の温度で低および中高温強度(わずか50から75パーセントのニッケルベースの合金)が、コヒーレントな強化相を欠いているが、高強度、良好な熱疲労および耐食性を有します耐磨耗性に優れ、溶接性も良好です。航空機ジェットエンジン、産業用ガスタービン、船舶用ガスタービンブレード及びノズルガイドベーン及びディーゼルエンジンのノズルの製造に適し。http://jp.cobaltalloy.net/

http://jp.cobaltalloy.net/

 

Re:アロサウルス

 投稿者:荒木一成  投稿日:2017年12月 3日(日)09時16分54秒
  コウさん
これは大作ですね!
アロサウルスの特徴もとらえてますし、新聞の体表もリアルです。足に指が付いてたら完璧でしたね。
なによりも自分より大きなモノを作るなんてそうそう出来ることじゃないと思いますので、将来楽しみな息子さんですね。
 

アロサウルス

 投稿者:コウ  投稿日:2017年12月 3日(日)00時11分15秒
  我が家の恐竜大好き一年生が、
夏休みの自由研究で作った
全長2.8mのアロサウルスです。
段ボールをベースに新聞紙を細かく貼り付けて作りました。
大変好評で、町の文化祭にも出品しました。
もうすぐ冬休み。
彼は何を作るのかな?と楽しみです。
 

Re:さっそく作ってみたのがこちらになります

 投稿者:荒木一成  投稿日:2017年11月 3日(金)10時40分5秒
  ☆亜細亜さん、作品ありがとうございます!
cavalisaさんの羊毛シノサウロプテリクスといい、いまキテますね!

http://dinomodel.cocolog-nifty.com/dinosaurs/

 

さっそく作ってみたのがこちらになります

 投稿者:☆亜細亜  投稿日:2017年11月 3日(金)08時13分3秒
  以前、尻尾がシマシマという発表があった時にも作ったシノサウロプテリクスを、10/27にカラーリングが公開されていたので、また作ってみました。
ポーズは今回も例の死後硬直で反り返った姿を踏襲しております。
 

Re:アルチンボルド風

 投稿者:荒木一成  投稿日:2017年10月21日(土)20時36分12秒
  KYOさん
これは世界初の快挙ですね!(たぶん)
なにげに混じってるアンモナイトやシーラカンスも愛嬌ですが、有り余る才能の無駄遣い!(失礼)
国芳のだまし絵も射程内ですね!

http://dinomodel.cocolog-nifty.com/dinosaurs/

 

アルチンボルド風

 投稿者:KYO  投稿日:2017年10月21日(土)15時29分58秒
  前略、こんなん作ってみました(単に思いついて勢いだけで、多分誰もやらないよねなどと自分に呆れつつ)。著作権的にはどうなんでしょうね? 笑って許してくれませんかね? もちろん私、マニエリスム(も)大好きです。ご笑納いただければ幸いです。草々。  

Re:恐竜ではないですが

 投稿者:荒木一成  投稿日:2017年10月20日(金)21時05分20秒
  ガッチさん
「ゴジラは赤く塗れ!(by 海洋堂館長)」ですね!
むしろガッチさんオリジナルのゴジラが見たいです!

http://dinomodel.cocolog-nifty.com/dinosaurs/

 

恐竜ではないですが

 投稿者:ガッチ  投稿日:2017年10月20日(金)17時05分19秒
  シンゴジ知り合いに頼まれ作りました。よく見たらだいぶ違っており、いまさら修正も大変なのでご勘弁ということで、もう手元から離れるのでみてやってください。ちなみに下塗り段階が師匠のスカーフェイスみたいと勝手に盛り上がっており、赤い恐竜をいつか作ってみます。やっぱり肉食が赤は映えますね。  

Re:トリケラトプス嘴チャレンジ!結果。

 投稿者:荒木一成  投稿日:2017年10月19日(木)11時02分39秒
  しぃ。さん
トリケラトプスの頭部は粘土で作っても難しいフォルムですが、編みぐるみだとクチバシの色を変えるだけでも私の分からない難しさがあるんでしょうね。
口の中も素敵です!

http://dinomodel.cocolog-nifty.com/dinosaurs/

 

トリケラトプス嘴チャレンジ!結果。

 投稿者:しぃ。  投稿日:2017年10月18日(水)20時27分52秒
  ココでしかご覧にならない人もいるかもしれないので貼っつけ。
まぁ、ほぼ口先の色変えただけですが(笑
いや、レシピも少し変えてますよ?ほんとですよ?
気持ち嘴が大きすぎな気もするので、次は修正します。
全体のフォルム的にはいい感じになったと思います。

http://ameblo.jp/narasaki/

 

Re:スピノサウルス完成しました

 投稿者:荒木一成  投稿日:2017年10月17日(火)20時44分0秒
  KYOさん
新スタイルのスピノサウルスレリーフ、ありがとうございます!
スピノだけではなく、水中と空にもモチーフが盛りだくさんですね。
>帆は、流れの強い場所では、スタビライザー
私もそう思います。もちろん体温調節やディスプレイにも役立ったと思いますが、水中生活にも役に立っていたと思いますね。

http://dinomodel.cocolog-nifty.com/dinosaurs/

 

スピノサウルス完成しました

 投稿者:KYO  投稿日:2017年10月17日(火)15時32分15秒
  前略、お久しぶりです。スピノサウルスが完成しました。ご笑納くだされば幸いです。

スピノサウルスの背中の帆は、流れの強い場所では、スタビライザーになったのかも……などと妄想しつつ彫りました。暑かったり、急に冷えたり。お身体にお気をつけてお過ごしください。草々。
 

Re:我が家のペット 2匹目

 投稿者:荒木一成  投稿日:2017年10月16日(月)21時24分2秒
  cavalisaさん
おお!これもかわいいですね!
さっそくフェイクファーで挑戦されるんなんて素晴らしい。
私は羊毛フェルトしか経験が無いのですが、確かに細かな模様は羊毛フェルトの方がつけやすい感じもします。
ぜひ、羊毛フェルトとフェイクファーのハイブリットもふもふ恐竜を作ってみてください!
 

我が家のペット 2匹目

 投稿者:cavalisa  投稿日:2017年10月16日(月)17時56分13秒
編集済
  荒木さん、皆さん、こんにちは。
cavalisaと申します。

以前,羊毛のシノサウロプテリクスを投稿させていただきました。
その折に荒木さんからフェイクファーを勧めていただいたので実際に作ってみました^_^!

フェイクファーは羊毛と比べて制作時間が凄く短くなって、毛も抜けなくなりました。
羊毛より使いやすそうです!

模様の細かい表現は羊毛のほうがつけやすいので、次は羊毛を差し込める土台の上にフェイクファーを被せてみようと思います。
体長64cmになりました。

脚と口は塗るのが楽そうという理由で黒にしましたが、ちょっとリアルさに欠ける気もします。

シノサウロプテリクスは小型な上、大した防御の策も持っていないので夜行性でしょうか?
夜も目が見えるように猫目にしておきました。

頭のどこまで羽毛が生えてる設定にするか迷いました。
猛禽類を参考に嘴の根元まで羽毛を生やしておきました。笑

以上、ご報告でした!
 

レンタル掲示板
/108